貸し事務所を探す場合、借りる場合の注意点

自分で独立して事業を興そうとする場合、最低限必要となるのは事務所です。事務所がなければ事業の運営は不可能です。例えマンションの一室でも、自宅の一室でも、事務所にする必要があるのです。対外的には貸し事務所を借りるのが一番良いでしょう。やはり顧客からすれば、相手の業者がどのような事務所で仕事をしているかということが安心や信頼につながるからです。では、貸し事務所を探す場合、借りる場合の注意点を見ていきましょう。

まず自分が興そうとする事業の内容によって、貸し事務所の立地を検討する必要があります。多くのお客を相手にする商売なら、人通りの多い場所や繁華街などが最適でしょう。そうではなくて、ネット販売などの場合は、多少不便な場所でもかまわないのです。貸し事務所の立地を間違うと、余計な資金をかけることになったり、資金をかけたわりにはお客が来ないといった悲劇を生じてしまいます。次に、貸し物件のオーナーについて情報を集めることも大事です。

貸し事務所はオーナーによって条件が違いますから、その物件がなぜ今空室なのかを調べておくとよいでしょう。前の借主がその物件から退去した理由によっては、避けた方が良い場合もあるからです。また借りた場合にどの程度のリフォームが可能なのか、もし退去することになった時にはどの程度まえの状態に戻さねばならないかを確認しておきましょう。契約をかわす前に条件を細かく検討することが必要なのは言うまでもないでしょう。